「ほっ」と。キャンペーン

2015年最後のマラソン大会は「足立フレンドリーマラソン(12/23)」。
曇り空ですごく寒かったです。
b0051052_10232441.jpg

b0051052_10232423.jpg
b0051052_10232347.jpg
今回は、途中で撮影をせずに走ったらどのくらいのタイムになるのかを試したかったので、写真なし。
そうしたら1時間7分台でしたー。1年前は1時間15分台だったので、ずいぶん早くなりました。わーい。

ペースが早くなった理由の一つは「星野源」。
ネットでよく見かける名前…
ラジオでよく聞く音楽…
ドラマで見かける顔…
それまでバラバラだったピースが、ふと見た音楽番組でピースがあわさり沼になって、ずぼっとはまってしまいました。
youtubeを見まくったのち、15年ぶりぐらいに音楽CDを買ってしまいましたよ。それもブルーレイつきのを!

YELLOW DANCER (通常盤 初回限定仕様)

これが私のジョギングのペースにぴったり合うのか、こころもち快適に少し早く走れるようになりました。
いまやジョギングのおともに必須!鬼リピ! 走りながら聞くというより、聞きたいから走ってるのかもしれない。
ハーフマラソンも「YELLOW DANCERを2回半聞けば終わる」と考えればいけそうな気がする今日この頃です。

普通のおばさんに走るペースを上げさせるなんて、ミュージシャンってすごいですね。

[PR]
by semamo | 2016-01-20 11:16 | ランぐらし | Comments(0)

最近読んだ本

ふたえ
★★☆☆☆
叙述ミステリにしたせいで、青春小説の良さがなくなってしまった。

陽気なギャングは三つ数えろ (ノン・ノベル)
★★★☆☆
なぜまたギャング?

あの家に暮らす四人の女
★★☆☆☆
「細雪」をモチーフにしているらしいけど、「細雪」を知らないからか今一つピンとこなかった。

永い言い訳
★★★★★
仲の悪い夫婦の話からはじまり、どこに着地するのかとわくわくしながら読んだ。ラストは感動。
子どもの御守をする場面は面白かったなー。既婚者は読後は相手にやさしくできるはず。モッくんで映画化。

自画像
★★☆☆☆

消滅 - VANISHING POINT
★★★★☆
「12人の優しい日本人」のようなシチュエーションで、映画を見ているように楽しんで読んだ。

私は存在が空気
★★★☆☆
短編集。最初のお話が良すぎただけに、減速した感じ。

謎の毒親
★★★☆☆
結局「謎」が解明しないので、どうもすっきりしない。

ふたりの果て/ハーフウェイ・ハウスの殺人
★★★☆☆
イシグロカズオ「わたしを離さないで」と村上春樹「世界の終りとワンダーランド」を足して、ものすごく読みやすくしたような本。
大好物な設定なんだけどラストがなー。前半は面白かったんだけどなー。

[PR]
by semamo | 2016-01-04 15:50 | ほんぐらし | Comments(0)