「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

最近読んだ本

怒り(上)
怒り(下)
★★★★★
面白かった。はらはらして読みごたえがあった。

太陽は動かない
挫折

手のひらの音符
★★★☆☆

駅物語
★★★☆☆
JRの駅員さんの話。ドラマ化ができそう。

お父さんと伊藤さん
★★★☆☆

ケモノの城
★★☆☆☆
気持ち悪い。モチーフは北九州一家監禁殺害事件。

真夜中の運動会
★★☆☆☆

世界から猫が消えたなら
★☆☆☆☆
時間の無駄。これが本屋大賞ノミネートとは。

本当にあった 奇跡のサバイバル60
★★★☆☆

君の波が聞こえる (新潮文庫)
★★★★☆
ファンタジーとは知らずに読んだからか、不思議な設定が面白かったー。二人の少年がそれぞれ選んだ結果の泣けることよ!

メグル
★★★☆☆
「ツナグ 」にタイトルが似ていて損してる気がする。

てふてふ荘へようこそ (角川文庫)
★★★☆☆

百瀬、こっちを向いて。 (祥伝社文庫)
★★★☆☆
映画化記念に再読。

雪の鉄樹
★★★★★
面白かった。主人公の生い立ちが気になって一気読みした。真面目な人が報われる話はいいね。
「釣りしのぶ」というものをこの小説で初めて知った。

月桃夜
★★★☆☆
遠田潤子のデビュー作。200年前の奄美大島の過酷な暮らしが興味深い。「針突」という風習を初めて知りました。

鋼の女―最後の瞽女・小林ハル (集英社文庫)
★★★☆☆
瞽女(ごぜ)の生き様が衝撃的。綾瀬はるかの女座頭市「ICHI」も、もとは瞽女だったんだよね。

重版出来! 1 (ビッグコミックス)
出版社の裏側の話も面白いけど、「良いことをすると運がたまる」「ネガティブな発言は自分に呪いをかける」など、普段から意識していることが出てきて、そーだそーだと膝を打つ。


<最近>
家族の状況が変わり、仕事も忙しすぎて、自宅・実家・スーパー・打ち合わせ先の往復だけで、外食する機会がほとんどなくなっておりました。来月ぐらいからは前のような生活に戻したいなぁ。
[PR]
by semamo | 2014-06-21 14:19 | ほんぐらし | Comments(0)