コム・フォー(池袋)

池袋サンシャイン内のフォー屋さん
ランチは2種類のカレーが食べ放題!

季節限定の完熟トマトのフォーを食べたのですが、トマトの味が強くてフォーのうま味が消えちゃってました。
生春巻きのソースがなぜか北京ダックのソースっぽい。
b0051052_2042994.jpg


東京で食べたフォーの中では、閉店した大山のヴァンフックが一番おいしかったです。
残念です。
[PR]
by semamo | 2012-05-18 20:03 | 洋食・エスニック | Comments(2)

久しぶりに行ったら、シェフが変わってる…!?

この日のランチは「やわらか叉焼のたまり醤油風味」
ちゃーしゅーが柔らかくててんこもり。ねぎもたくさん。
醤油もしょっぱい感じは全くなく、よい風味。

パスタに合うかというと、うーん…?
せっかくのパスタが負けちゃってるかも。
b0051052_1959963.jpg



あさひ食堂 食べログ
[PR]
by semamo | 2012-05-17 19:57 | 洋食・エスニック | Comments(0)

TAJ PALACE タージパレス

またまたお取り寄せ。

休日に家でビールを飲みながら本格カレー、うれしいです。
チーズナンのおいしいこと!これだけで満足でした。
b0051052_19563920.jpg


タージパレス 食べログ
[PR]
by semamo | 2012-05-16 19:55 | 洋食・エスニック | Comments(0)

ヒグベーグル

キッシュセット。キッシュだいすき。
この日はほうれんそうとベーコン、だったかな。

ムースのようなふわふわ感とコクのある味わい、パイ生地もさくっとおいしいー。
自家製レモネードもさわやかでおいしいです!
b0051052_19481869.jpg


ヒグベーグル ホームページ

気候のよいうちに頑張ってまた行こうっと。
[PR]
by semamo | 2012-05-14 19:47 | スイーツ・喫茶・パン | Comments(2)

長秀龍

たまにいくけど、はずれなし。
メニューが豊富でいつも悩んじゃうけどだいたい同じものを食べてしまいます。

b0051052_19432939.jpg

中国語が飛び交っていて本場っぽい店内。
b0051052_19433891.jpg

このほかに水餃子がありました。むちむちの皮に香辛料の効いた具が美味しい。

b0051052_19434616.jpg

期間はいつまでかわかりませんが、10周年記念だそうです。
激安ですね。

長秀龍 →食べログ
[PR]
by semamo | 2012-05-13 19:47 | ラーメン・中華 | Comments(0)

デ・ラ・ナチュール

前回の記事。3年ぶりだ!

サラダクレープ 600円ぐらいだったかな。 コーヒー別。
b0051052_2074211.jpg

クレープは焼き立てじゃないし、ドレッシングの味しかしない。
卵の半熟加減も固めなのでとろりとしない。

前菜の盛り合わせ 500円ぐらいだったかな。
b0051052_2073239.jpg


雰囲気はいいのにねー。

ぐるなび
[PR]
by semamo | 2012-05-01 20:05 | スイーツ・喫茶・パン | Comments(3)

最近読んだ本

オイアウエ漂流記 (新潮文庫)
★★★☆☆
長い…。


なずな
★★☆☆☆
評判ほどには。赤ちゃんがかわいいことはよく伝わった。


船に乗れ! Ⅰ (ポプラ文庫ピュアフル)
船に乗れ! Ⅱ (ポプラ文庫ピュアフル)
船に乗れ! Ⅲ (ポプラ文庫ピュアフル)

★★★★★
久しぶりに読書の楽しさを十二分に堪能。
文章が音楽になって心にぶつかってくるので(ふだん音楽は聞かないんだけど)クラシックが聞きたくなってしまい、珍しくクラシック音楽をダウンロードしてしまいました。

1巻はほほえましい青春小説。ここで終わる小説は多い。
2巻は怒涛の展開。ヒロインの負けず嫌いが明後日の方向にぶっとんで驚いた。
3巻は、主人公の成長ぶりが痛々しくも、甘いだけではない現実に納得。

2010年に本屋大賞7位でした。当時のノミネート作品『神去なあなあ日常』『ヘヴン』より、むしろ大賞の『天地明察』よりも面白いと思うんだけどなぜか大賞に選ばれませんでした。
当時は全作品を読まなくてもよいシステムだったので、3冊というボリュームやクラシック音楽がテーマということで敬遠されていたのかも。私もそう思ってなかなか読もうとしなかったことが悔やまれます。

桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)
★★★☆☆
想像していたより面白かった。この作家の他の作品を読んでみたくなった。

断捨離アンになろう!モノを捨てれば福がくる
★★☆☆☆
精神論的な結論に「はぁ?」だった。

我が家の問題
★★★★☆
読みやすい。家族が好きな人にオススメ。「家族にはマニュアルがないのだ」

消失グラデーション
★★★☆☆
「びっくりする」という書評が気になって読んでみたら、「ずるい」設定の青春ミステリ。
以下、ちょっとネタバレ。

この「実は●●だった」という(叙述トリックというの?)オチで「葉桜の季節に君を想うということ 」と「アヒルと鴨のコインロッカー」を思い出したんだけど、つくづく「アヒルと鴨〜」はスマートなトリックだったよ。
[PR]
by semamo | 2012-05-01 10:48 | ほんぐらし | Comments(2)