「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

失踪日記

b0051052_1545564.jpgホームレスの暮らしや配管工の仕事やアルコール依存症の病院の話など、どれも知らない世界なので興味深くて面白かった「失踪日記」
しかも有名漫画家の実話だから、野次馬根性まるだしで読みました。かわいい絵なので汚さや悲壮感がなくてよかった。

どんな場所にいても、どんな生活をしていても、自分と周囲を冷静に観察し、いきどおる事なく、無理もせず、淡々と生きている吾妻ひでおがちょっと魅力的。
[PR]
by semamo | 2005-11-27 15:52 | ほんぐらし | Comments(0)

幻夜

b0051052_1540879.jpg 途中であっと驚いた。「百夜行」の続編と知りつつも、こう来たかの「幻夜」。

この女の魅力が分からないので、とりあえず松嶋菜々子を思い浮かべて読んでみました。
[PR]
by semamo | 2005-11-27 15:43 | ほんぐらし | Comments(0)

初めてのUSJ

b0051052_1601284.jpg初USJ!フォー!
とはしゃぎたくなるくらい楽しかったです。

色々学んだことも
・優先的に乗れるブックレットは気持ちいいぐらい優先的だった
・雨がっぱを100円で買って持っていって良かった
・でも荷物になるから、最後は人にあげればよかった
・ホテルはUSJのそばにすればよかった

あと
・蓬莱のぶたまんは551以外にもある
(間違えて蓬莱本館のを買ってしまった)
[PR]
by semamo | 2005-11-19 16:06 | Comments(0)

幸せそうに

b0051052_15561198.jpg寝ていました。半笑い。
[PR]
by semamo | 2005-11-19 15:56 | ねこぐらし | Comments(0)

黒冷水

b0051052_15442695.jpg17歳(当時)の小説ですってよ「黒冷水」。
「リアル鬼ごっこ」の例があるから期待してなかったけど、小説として全うに面白かったです。才能なんでしょうね。

兄の部屋をあさる弟と、復讐を開始する兄。せまい家の中での陰湿ムードの描写が上手かった。ラストには賛否両論あるようですが、私は「否」。どうしてもあのラストにもっていきたかったら、本編をそうすれば良かったのに。
[PR]
by semamo | 2005-11-19 15:51 | ほんぐらし | Comments(0)

東京奇譚集

b0051052_15342751.jpg村上春樹も新刊が出たらすぐに買っていたのだけど、だんだん縁遠くなってきました。

東京奇譚集はちょっと不思議な短編集ですが、初期の、村上春樹が大好きだったころをほうふつさせる感もあり、久しぶりに楽しく読めた。
特に最後の短編「品川猿」は単純で面白い。
[PR]
by semamo | 2005-11-19 15:42 | ほんぐらし | Comments(0)

四月になれば彼女は

b0051052_15222295.jpgいろんな所で何度も言っていますが、川上健一の「翼はいつまでも」は私の人生五本指に入ります。

だから、それ以外の本も出ていれば読むのですが、どうにも面白くない。
「四月になれば彼女は」は、高校を卒業した男子が、友達のかけおちを手伝ったり、ずっと敵対していたライバルとけんかしたり仲直りしたり、就職がパーになったり、風俗?にいったり、いとこの夫婦喧嘩にまきこまれたり、気になる女の子とうまくいきそうだったり、を一日でめまぐるしく体験。
めまぐるしすぎるし、ありえないし、能動的だし。飛ばし読みしてしまいました。
[PR]
by semamo | 2005-11-19 15:33 | ほんぐらし | Comments(0)

白夜行

b0051052_1154750.jpg「白夜行」と「セカチュー」が同じキャストって、どうなのよ?(ある編集者の気になるノート)
を読んだら読みたくなった「白夜行」
1000円も出して文庫を買って読んでいたら、以前読んだことがあることを思い出しました。がくん。
どんな小説か覚えてなかったということは、私にとっては“それなり”だったのでしょう。

でも小説の中では語られなかった二人の心の機微が、ドラマで分かるなら楽しみです。恵達の暗い感じは主人公に合っていそうだけど、綾瀬はるかの柔らかい感じはどうなのかな。どこまで冷たい女が演じられるのかしら。って二人とも30歳までやるのかしら。
[PR]
by semamo | 2005-11-11 11:17 | ほんぐらし | Comments(0)

私の遠藤くん

異常な嫉妬にかられた10歳年上の妻が、夫に!
25歳のサラリーマン遠藤は、10歳年上の妻とラブラブ。だが、嫉妬深い妻の浮気チェックにうんざりし始めた時、同窓会の通知が届く。妻より若いクラスメイトと盛り上がり…。書き下ろしホラーサスペンス。

以上、amazonの内容紹介。

ものすっごくくだらなかった。「リアル鬼ごっこ」以来のくだらなさ。あほかという感じ。
[PR]
by semamo | 2005-11-11 11:02 | ほんぐらし | Comments(0)

檸檬のころ

b0051052_10573735.jpgかるい青春小説「檸檬のころ」

共学ではなかったので、なんとも…。でも自分が高校生だったときの、上京するときの気持ちとかちょっと思い出したよ!
担任の先生がぐちをこぼしている「担任稼業」が一番面白かった。大人ってわかってもらえなくてもすねてられないもんねー。
[PR]
by semamo | 2005-11-11 11:01 | ほんぐらし | Comments(0)