模倣犯

b0051052_1155660.jpg今頃になってようやく読んだ模倣犯。すごい分厚さでびっくり。

加害者も被害者も一人ひとり丹念に描写してあるので、息苦しくなるくらい“濃い”小説だった。読み応えはあるけれど、最後にピースが簡単にキレてしまうのが納得いかないなー。
[PR]
by semamo | 2005-10-10 11:58 | ほんぐらし | Comments(0)