死神の精度

b0051052_14583540.jpg読む本も読みたい本もなくなったと思ったら、<伊坂幸太郎の新刊が出た。引き出しのいっぱいある人だ。この人のミステリーは、死神とか話のできるかかしとか出てきて非現実的な設定なのに、違和感がまったく感じない。すごいなあ。本って面白いなあ。
[PR]
by semamo | 2005-07-15 14:51 | ほんぐらし | Comments(0)