長崎乱楽坂 吉田修一

b0051052_2155689.jpg吉田修一はもういいやと思っていたけど、ヒマなので読んでみたらあたりだった「長崎乱楽坂」。衰退していくやくざの一家で育っていく少年が、荒々しく、いやらしく、人間くさい空気を嫌悪しつつも、染まっていってしまう過程が描かれています。暴力的な話はキライなのに、なんだか引き込まれてしまいました。
[PR]
by semamo | 2005-04-09 21:11 | ほんぐらし | Comments(0)