アヒルと鴨のコインロッカー 伊坂幸太郎

b0051052_1456196.jpg2年前と現在の出来事が交互に語られる「アヒルと鴨のコインロッカー」。2年前には確かにいる人物が現在には登場しない…つまり何か恐ろしいことが起こりそう…というヒタヒタした怖さがずっとつきまとう。それに耐えられなくて先に中盤を読んでしまいました。猫殺しとか出てくるし、こわかった。
「ぼくと一緒に本屋をおそわないか」っていうのは「パン屋再襲撃」かと思いましたよ。
[PR]
by semamo | 2005-02-27 14:59 | ほんぐらし | Comments(0)