最近読んだ本

64(ロクヨン)
★★★☆☆
話題ほどには。ドラマ「ダブルフェイス」を見ても思ったのだけど、理不尽なことに耐えてまでもどうして警察組織にとどまろうとするのだろう。嫌なら辞めればいいじゃん、と思ってしまう。

パイの物語(上) (竹書房文庫)
★★☆☆☆
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」の原作。ものすごく読みづらい文体なので、ネタバレの部分だけ読みました。映画は観てみたい。

起終点駅(ターミナル)
★★☆☆☆

ひらいて
★★★☆☆
面白くはないけど、なかなか衝撃的な内容だった。綿谷りさの文章が好き。

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
★★★☆☆

エンジェルフライト 国際霊柩送還士
★★★☆☆
国際霊柩送還士という知らない職業を知る面白さと、その仕事に就く方々の真摯な姿が良かった。

紙の月
★★★☆☆
真面目な女性が1億円を横領する過程が読ませる。自分の事とは思えないけど。

ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
★★☆☆☆
つい読んでしまった。もういい…。

ソロモンの偽証 第I部 事件
ソロモンの偽証 第II部 決意
ソロモンの偽証 第III部 法廷
★★★★★
かなりのボリュームも苦にならず、逆に読み終えるのが残念なほど、質も量も圧倒的だった。
結末は想定の範囲内、でも中学生たちの活躍と成長と紆余曲折に大満足。
本屋大賞→映画化になるかな。
[PR]
Commented by ねこねこ at 2013-01-13 09:38 x
「64」 著者はいまスランプかしら?
最後は無理やりまとめた感が否めなかったし
何を伝えたいのか分からんかった。
Commented by semamo at 2013-01-15 14:11
警察小説が大好きな夫は面白かったと言ってたよ。男の人が好きそうな話だよねー。
by semamo | 2013-01-11 17:14 | ほんぐらし | Comments(2)