最近読んだ本ズラ

別冊 図書館戦争〈2〉
★★☆☆☆

太陽の坐る場所
★★★☆☆


銭ゲバ 上 (1) (幻冬舎文庫 し 20-4)
ドラマがツボに入っているので手を出してみました。
(上)を読み終えたところ。ドラマとは随分違って鬱々と救いようのない物語。
(下)を読むのがこわいズラ。



ぼくと1ルピーの神様
アカデミー賞受賞の作品『スラムドッグ$ミリオネア』とは、どんな話なのかと調べてみたら、
この本を映画化したんですね。
2年前に読んで、↓こんな記事を別のブログに書いていたのですが
あまり覚えていない…。また読んでみようかな。
いや、読まずに映画を見たほうが面白いか?



ぼくと1ルピーの神様 2007-02-07 13:21:29-----------------

クイズ番組(ミリオネアみたいなの)でみごと全問正解し、
史上最高額の賞金を勝ちとった少年ラム。
孤児で教養のない少年が難問に答えられるはずがないと、
インチキの容疑で逮捕されてしまう。
殺人、強奪、幼児虐待…インドの貧しい生活の中で目にしてきたもは、
偶然にもクイズの答えだった。

本書は13章で成り立っていて、
それは13問の問題と、その答えに行き着くまでのラムの生きざまが書かれている。
クイズ番組に出た本当の理由、ラムは賞金を手に入れられるのか
最後まで面白く読みました。

寓話といえるのかもしれない。
でも小説の面白さをたっぷり味わえた一冊です。




[PR]
by semamo | 2009-02-23 17:01 | ほんぐらし | Comments(0)