はなちゃん

はなちゃんが亡くなって今日で半年経った。
亡くなってしばらくは「こんなに悲しいことがあるのか」と思うぐらい辛かったけど、時間が経てば気持ちは薄らいでいくのですね。
ちゅーるのCMを見ていられないぐらい辛かったのに、今やドラマ「ブランケット・キャット」を見ては、もっと猫を出せと思うほどです。

時々思い出しては少しべそべそとするけれど、どんなに悲しいことがあっても時間が経てば大丈夫ということを経験したし、はなちゃんから学んだ色々なことを次にいかしたいと思うようになった今日この頃です。

何度も猫を飼う人の気持ち、マンガ「ゆず」の作者が半年もたたずに子猫を迎えた気持ち、数か月前には分からなかったけど今なら分かります。
辛い出来事を忘れたんじゃなくて、悲しい気持ちは扉の向こうに移動して、猫と暮らしたい思いが泡のように浮かんでくるんだね。

本当はもう一度はなちゃんを飼いたいけど、それは叶わないので、ななかなか引き取り手がないけど穏やかでおとなしい、はなちゃんのような猫に出会いたいです。

b0051052_13565793.jpg
今から一年前のはなちゃん。本当に本当にかけがえのないスペシャルな、生涯にただ一匹の、はじめての猫。
あれから毎日花を飾っているけれど、めったに夢に出てこないのもはなちゃんらしい。


[PR]
# by semamo | 2017-07-21 13:20 | ねこぐらし | Comments(0)

最近読んだ本

完璧な家 (ハーパーBOOKS)
★★★★☆
一気読み。映画化されそう

お葬式
★★★☆☆

冬雷
★★★★☆
一気読み。遠田 潤子は好きだな。

神の子(上) (光文社文庫)
神の子(下) (光文社文庫)
★★★☆☆
想像していたようなかわいそうな結末でなくて良かった。

花埋み (新潮文庫)
★★★☆☆
日本最初の女医さんの話。資格を得るまでの過酷さよ。こういう人がいてくれて良かった。

BT’63 文庫 (上)(下)セット
★★★☆☆
残留孤児の話は、何度読んでも胸がしめつけられる。それぞれ本当につらかっただろう。

アキラとあきら (徳間文庫)
★★★☆☆
母がはまっているので、池井戸の本が回ってくるのよ。

月の満ち欠け
★★★☆☆
直木賞候補。生まれ変わりの話は新鮮だったが。

かがみの孤城
★★★★★
辻村深月は作風が変わって普通の女流作家になったと思ったけど、これは「ぼくのメジャースプーン」を思い出されるほど原点回帰した印象。
やたら読点の多い文体とかね。
一気読み。最終章であっと驚いて涙がぶわーっと出た。
いま悩んでいる中学生に読ませたいという意見もあるけれど、かつて悩んでいた大人たちがこれを読んで、誰かを助ける側になるといいなと思う。

[PR]
# by semamo | 2017-07-13 14:08 | ほんぐらし | Comments(0)

こねこの里親募集

【2017/7/13】
しろねこちゃん、トライアル中。
きじとらの女の子の詳細→こちら
元気いっぱいですよ
【2017/6/20】
いつでも里親募集中に詳細が掲載されました。→こちら
ハンサムさんですねー。

こねこの里親募集チラシを作りました!
よろしくお願いします。
b0051052_17140323.jpg
https://www.instagram.com/nekoneko_2/




[PR]
# by semamo | 2017-06-13 17:07 | Comments(0)

最近読んだ本

夜の国のクーパー (創元推理文庫)
★☆☆☆☆

よるのばけもの
★★★★★

慈雨
★★★☆☆

「はなちゃんに会いたい」と号泣する夢を見て、泣きながら目が覚めた。
まだまだロスは続くと思っていたけれど、動揺せずに過去の写真を見られるようになったのでフォトブックを作りました。
A5サイズ 48p
b0051052_09174217.jpg
痛みや悲しみは時間とともに薄らいでいくことを実感する。

[PR]
# by semamo | 2017-05-23 09:23 | ほんぐらし | Comments(0)

最近読んだ本

はなちゃんの具合が悪くなってからは、本を読んでもちっとも頭に入ってこなくて読書をやめていたけど、また読めるようになってきました。


騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編

騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編

火花 (文春文庫)

罪の声

海と月の迷路(上) (講談社文庫)

海と月の迷路(下) (講談社文庫)

楽園 上 (文春文庫)

楽園 下 (文春文庫)

蜜蜂と遠雷

はなちゃんが亡くなって3ヵ月経つけれど、あまり立ち直れてないなと思う。
ときどき、胸をかきむしりたくなるほどはなちゃんに会いたくなって泣いている。
動画や画像の猫なら可愛いと思うんだけど、生身の猫を見ると色々と思いだして悲しいようなこわいような気持ちになる。
「今までに20匹の猫を飼った」という人がテレビに出ていたけど、20回もああいう気持ちを経験したのか、それとも猫の死に慣れていくんだろうか。
いつまでも悲しんでいるとはなちゃんが心配するよと友達が言うけど、どうすればいいんだろう。写真などを片付けて早く忘れたほうがいいのか。
はなちゃんの話題さえしなければ普通に人と話せるけどね。
また3ヵ月経ったら心境が変わっているかもしれない。自分の心境の変化に興味があるので、今の気持ちをここに記す。

[PR]
# by semamo | 2017-04-21 13:39 | ほんぐらし | Comments(0)

はなちゃんの体調がいまひとつになってからは夫婦そろって泊まりの旅行が難しくなってたけど、久しぶりに行ってきました。



興味のある人だけどうぞー
[PR]
# by semamo | 2017-04-19 14:03 | 行ってきたよ | Comments(2)

最近編んだもの

最近…というか冬の間に編んだもの
b0051052_13372296.jpg
オット用。ワンシーズンで穴が開いた。
b0051052_13372302.jpg
姪に。
b0051052_13372387.jpg
これも姪にあげた。
b0051052_13372102.jpg
スヌード



[PR]
# by semamo | 2017-04-17 13:39 | 編みぐらし | Comments(0)

はなちゃんの看取り

ようやく報告できる程度に気持ちが落ち着いてきました。
2017年1月21日にはなちゃんが永眠し、
東北の震災から6年経った、本日3月11日が四十九日となりました。

亡くなるまでの数週間、参考にしようと猫の看取りをつづったブログを探しまくり読みまくりました。
結果としてあまり参考にはならなかったけど、様々な死を追体験することで、少し心の準備ができた点はよかったかな。
なので、私も次の誰かのためにまとめようと思いました。


More
[PR]
# by semamo | 2017-03-11 13:31 | ねこぐらし | Comments(0)

小川和紙マラソンの10キロの部に出ましたよ。
こちらも街中を走れる大会で人気があるようです。
b0051052_10410763.jpg
露店もたくさん出ていて、地元のおばあちゃんや子供たちもたくさん集まっていて
とてもいい雰囲気。
b0051052_10411373.jpg
お天気も良く、応援もたくさんあって楽しく走れました!
b0051052_10411622.jpg
サービスの豚汁、おいしい!
b0051052_10412105.jpg
走った後は小川町の日帰り温泉「花和楽の湯 」へ。
b0051052_10412341.jpg
後日送られてきた完走証には写真が貼ってあって、ちょっと嬉しかった。
台紙は和紙!

この大会はまた参加したいなー。



[PR]
# by semamo | 2016-12-31 10:38 | ランぐらし | Comments(0)

はじめてのハーフマラソン!
市街地を走る、しかも小江戸川越ということで人気のあるマラソン大会です。

b0051052_10252176.jpg
すごい人数。スタートしてすぐにさつまいもを配っている家族がいて
お腹がすいていたのでいただきました。元気が出ました。
ありがとうございます。
b0051052_10330181.jpg
観光地のあたり。応援も多く、街並みも面白く、この5キロあたり?がいちばん楽しかった。
b0051052_10251231.jpg
10キロすぎあたりから、ただもうつらくて。
b0051052_10251249.jpg
折り返しのトップランナーを見るとちょっと元気になる。
b0051052_10251364.jpg
17キロあたりの後方グループの光景。
はだしのアベベが走ってました。
応援もなく、ただつらいつらいつらい。
b0051052_10335335.jpg
制限時間ぎりぎりのフィニッシュ。
あまりに遅いと、サービスの豚汁もなくなっていてがっかり。
b0051052_10251570.jpg
ストレッチのために何度もとまったけど、歩かなかったのはほめてあげたい。

10キロマラソンでも達成感と爽快感があるので、その倍以上の感動があるかと思っていたら
ただただつらいだけだった。

帰りの送迎バスでは立っていられなくなって、しゃがみこんでしまったけど
誰も席を替わってくれなかった(/_;)
みんな疲れているもんね…。

もう二度とハーフマラソンはやらないと誓った。

[PR]
# by semamo | 2016-12-30 10:20 | ランぐらし | Comments(0)

最近あんだもの

b0051052_10164737.jpg
左右の大きさが違うけど、けっこう気に入っている。
b0051052_10170583.jpg
はなちゃん用おざぶ
b0051052_10170995.jpg
アラン編の練習用に。ポーチ?
b0051052_10171377.jpg
お友達に刺繍を教わる。真ん中が私の。
小鳥の予定が、貧相な子ガラスになった。

刺繍もはじめたいけど、編みたいものがたまってるー。



[PR]
# by semamo | 2016-12-29 10:16 | 編みぐらし | Comments(0)

最近読んだ本

罪のあとさき
★★★☆☆
殺人を犯した中学の同級生と再会して…というあらすじから、罪を許せるか許せないかという話かと思ったら、複雑で暗い恋愛小説だった。でも嫌いじゃない。

ムーンナイト・ダイバー
★★★★☆
東北の震災から5年も経って、いまだに遺品を探している人がいるのかな?と思った直後に、娘を探し続けていた人が5年9か月ぶりに遺骨を発見のニュースがあった。
何年経っても、帰りたいし会いたいよね。忘れてはいけない記憶と気持ちを思い出させてくれた一冊。

一○一教室
★★★☆☆
戸塚ヨットスクールみたいな私立高校の話。こわかった。一気読み。

山女日記 (幻冬舎文庫)
★★★☆☆
ひまつぶしに。山登りも楽しそう。

望郷 (文春文庫)
★★★☆☆
ひまつぶしに。

母性 (新潮文庫)
★★☆☆☆
ひまつぶしに。


[PR]
# by semamo | 2016-12-28 10:14 | ほんぐらし | Comments(0)

こうの史代ファン・のんファンというバイアスがかかっているのかもしれないけど、近年まれにみるいい映画でした。

久しぶりにのんの声が聞けて、出だしから胸がいっぱいに。
決して上手ではないけれど、のんびり屋のすずのイメージにぴったりだし可愛らしいしで、絵に魂が吹き込まれるとはこういうことを言うんだなーと思いました。

原作のちまちました暮らしぶりもよく再現されていてほほえましいし、原作ではいまいち地味めなはるみちゃんがとても可愛くなっていた。仲良くなったすずおばちゃんに一生懸命に艦隊の説明をするはるみちゃん。この二人のやりとりは大好きです。

「はだしのゲン」「火垂るの墓」のような「こわい!痛そう!かわいそう!戦争こわい!無理無理!」というアプローチとは違う戦争映画で、「この世界~」で描かれる厳しくもほんわかした暮らしは現代と地続き感があるので、あたかも自分の暮らしが変わっていくようなリアルさを感じました。
何も考えずにぼーっと生きているうちに死ぬだろう私の幸せさよ。

ネタバレなしにうまくこの映画の良さを伝えたいけど言葉が見つからない。とにかく多くの人に見てもらいたい。
原作未読の人は、広島弁が聞き取れなかったりよく分からないところもあるかもしれないけど、鑑賞後に原作で補完するとよいと思う。原作にしかないエピソードもあるので。

嘘か本当か、のんの独立問題が原因であまりテレビで宣伝されないとか。
「火垂るの墓」にかわって毎年夏にテレビ放映されるぐらい、後世まで伝えられる映画になってほしいので、それには口コミしかないのかと思い、珍しくすぐに感想をブログで書いてみました。

鑑賞後に拍手をしたくなった映画は初めて。実際に拍手の起きた映画館もあったようなので、気後れせずにすれば良かったなー。




[PR]
# by semamo | 2016-11-14 11:46 | 思うこと | Comments(0)

今年も参加しました。


今年のコースは
■Aコース 約5km
旧高島第七小学校→区立美術館→イオン板橋店

■Bコース 約9.2km
Aコース→上板橋体育館→宮の下商栄会

■Cコース 約14.4km
Bコース→富士見地域センター→板橋区役所

今回は都合上、Bコースにしました。


集合は旧高島第七小学校。ここは廃校なのかな。
昨年は子供の参加も多かったけど、今年はまた中高年率高し。
b0051052_10074042.jpg
昨年のゼッケンと比較するとがっかり感が否めない。
b0051052_10113626.jpg
最初のチェックポイント板橋区立美術館。
「区立」としてはじめて建てられたんですって。
b0051052_10133540.jpg
製麺所「幸住食品」で生めん販売。
b0051052_10053799.jpg
なぜかルート上で紹介されていない「東京大仏」。
寄って行く人も少なかった。
b0051052_10053885.jpg
水車公園、はじめて。
b0051052_10054023.jpg
庭園もあり、けっこう見ごたえがありました。
b0051052_10054172.jpg
途中で見かけた「怪談 乳房榎」記念碑 。
詳しくはこちら
b0051052_10053916.jpg
Aコースのゴール・イオン板橋店では、いたばしプロレスのレスラーさんが
b0051052_10054127.jpg
スポーツドリンクを配っていました。ごくろうさまです。
b0051052_10054201.jpg
上板橋商店街では「うまい棒」をもらう。
b0051052_10234962.jpg
チェックポイント上板橋体育館では、子供向けスポーツイベント開催。
ちびっこたちは、これだけ参加してるのかな。
b0051052_10251126.jpg
石神井川をずっと歩いて、Bコースゴールの宮ノ下商栄会へ。
b0051052_10264302.jpg
秋の大収穫祭開催中。露店も多く、買い食い祭り。
初めてきましたが、いい商店街ですね。
b0051052_10291067.jpg
Bコースはここで終わりですが、この先の山芳製菓でわさビーフを配っているのでもう少し頑張ります。

b0051052_10312521.jpg
その他参加賞など
b0051052_10320108.jpg
今年はスタンプではなく、シールだった完歩証。
b0051052_10321037.jpg
3回参加して、板橋区のほぼ全域を歩いたように思えます。
来年以降のコース設定は難しそう。



[PR]
# by semamo | 2016-11-12 09:53 | 行ってきたよ | Comments(0)

はなちゃんをおいては泊りがけの旅行ができないで、日帰りバスツアーで旅行気分に。
今回はこちら
新酒にごりワイン&秋色の昇仙峡と山頂に生まれた絶景の秘湯ほったらかし温泉

予約したときは半分くらいしか埋まってなかったのに、当日は満席でした。

バスガイドさんおすすめの、談合坂のアンパン
b0051052_09512622.jpg
ほうとう鍋&松茸ご飯の昼食は、いまひとつ。
b0051052_09342534.jpg
はじめての昇仙峡。紅葉には早かったけど、天気がよくてすごく気持ちよかった。
b0051052_09342668.jpg
滝に虹が!
b0051052_09342585.jpg
シャトーで工場見学とワインの試飲。10種類ぐらいあったかな。
b0051052_09392001.jpg
生ワイン大好き
b0051052_09342017.jpg
ぶどう狩りは、売店試食のシャインマスカットがおいしくて、たくさん食べちゃった。
b0051052_09342153.jpg
ほったらかし温泉、すごく良かったー。
夕暮れから夜景に変化していく景色に大満足。
b0051052_09342209.jpg
ここはまた行きたいなー。
ホームページはこちら
温泉たまごの天ぷら、おいしかった。
b0051052_09494791.jpg
ただいまー
b0051052_09481253.jpg




[PR]
# by semamo | 2016-11-11 09:27 | 行ってきたよ | Comments(0)

→前回の様子

ジョギングのシーズンです。シーズンインの大会は、去年と同じくタートルマラソンにしました。
b0051052_09173275.jpg
すごい人ごみ。
b0051052_09180552.jpg
ハンディキャップのある人たちと一緒に走るので勇気づけられます。
記録はまあこんなものかでしたが、夏にサボっていたせいで太って体が重い!

b0051052_09173775.jpg
帰りは北千住駅近くの銭湯「大黒湯」へ。
天井がすばらしくて必見です。


次のマラソン大会までに2キロ減らしたいけど、なかなか減りません(/_;)






[PR]
# by semamo | 2016-11-10 09:14 | ランぐらし | Comments(0)

最近読んだ本

スリープ (ハルキ文庫)
★★☆☆☆
冷凍睡眠の説明が長くてうんざりだったけど、未来の予想は楽しめた。

母性 (新潮文庫)
★★☆☆☆
ひまつぶしに。

ミッドナイト・ジャーナル
★★★☆☆
「64」のジャーナリスト版のような。

一瞬の雲の切れ間に
★★★★☆
本の雑誌上半期第1位。小学生の交通事故死をめぐる加害者と被害者の話。ずっと息が詰まる内容で、最後に救われるような深呼吸がもれる展開が印象的。「永い言い訳」をほうふつさせた。


[PR]
# by semamo | 2016-11-09 09:13 | ほんぐらし | Comments(0)

最近のはなちゃん

この夏、急に食事が食べられなくなりどんどんやせて2キロに。
歩いてもすぐに倒れてしまい、顔をあげるのもしんどそうな状態。
病院では突然の衰弱ぶりに驚かれ、「入院させても入院中に亡くなる可能性が…」と。

悲しい覚悟もしつつAD缶をあげたらみるみると食欲がもどり、獣医も驚く復活ぶり。
「棺桶に片足つっこんでましたねー」と言われたから、本当に危なかったらしい。


「お花畑の向こうに川を見ました…」と語るはなさん。
b0051052_10203769.jpg

あれから2か月。
1日おきの自宅点滴も調子がよいのか、いまでは食欲大魔王。
b0051052_10231478.jpg


自分で体のお手入れを全くしなくなったので、いつもほんのり臭く、ふけだらけ。
「気にすんな」
b0051052_10245114.jpg
キメ顔だけど、食べかすがついて、かとちゃんぺになってますよ。

b0051052_15431701.jpg
はなちぇる、長生きしそうだわー。




[PR]
# by semamo | 2016-10-20 09:54 | ねこぐらし | Comments(0)

最近編んだもの

夏用バッグ。この夏は毎日のように使いました。
b0051052_09474373.jpg
内ポケットもつけたよ。
b0051052_09474392.jpg
もうひとつの麻ひもバッグ。こちらは毛糸いれにしました。
b0051052_08142710.jpg
始めて編んだサマーセーター。
b0051052_09474418.jpg
友達のリクエストによるマグカップウォーマー。
海外の編み図はたくさんあったけど、日本語の編み図はほとんどないので
誰かまとめたら売れそうなきがする。
b0051052_09474237.jpg
編み物のシーズンインですね。


[PR]
# by semamo | 2016-10-19 09:47 | 編みぐらし | Comments(0)

最近読んだ本

ジニのパズル
★★☆☆☆
「GO」みたいなのかと思ったら重かった。

希望荘
★★★☆☆
宮部みゆきの、流れるような読みやすさは素晴らしいと思う。

望み
★★★☆☆
自分の子どもは殺人者になるより殺された方がいいのか。「Aではない君と」もそうだけど、親にとっては永遠の命題なのでしょう。

みかづき
★★★★☆
森絵都だー♡塾経営を舞台にした三世代の物語。読みごたえあり。本屋大賞候補か。

バラカ
★★★★☆
バラカがかわいそうすぎ。震災の事を忘れて東京オリンピックに浮かれている私のような大ばか者は必読。



ぼくの花森安治
花森安治のデザイン
【ポケット版】「暮しの手帖」とわたし (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 大橋鎭子の本)
大橋鎭子と花森安治『暮しの手帖』二人三脚物語
花森安治の編集室 「暮しの手帖」ですごした日々 (文春文庫)
暮しの手帖日記
花森さん、しずこさん、そして暮しの手帖編集部 (NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』モチーフ 花森安治・大橋鎭子との日々)

ドラマの展開は「なんだかなー」だったけど、あなたの暮らし編集部の志や編集方針にいたく感銘をうけ、関連本を読み漁りました。
「暮らしの手帖」のことはほとんど知らなかったので、あの時代に花森安治のような天才編集者がいたことは驚き。天才マルチぶりは宮崎駿をほうふつさせました。
9年間編集長をつとめた松浦弥太郎の「暮らしの手帖日記」にも、心に刺さる文章がたくさんあり、仕事や生活に対する向き合い方を見直す良いきっかけとなりました。

部数が減り松浦弥太郎が抜け、似たような雑誌が増え、豊かな暮らしになりすぎた現在、どのように編集のかじとりをしているのかを知りたいのだけど、その舞台裏をまとめた本はないのかな。


正直、親切、笑顔、今日もていねいに(松浦弥太郎)


[PR]
# by semamo | 2016-10-18 09:46 | ほんぐらし | Comments(0)